Dr. あいこ「電磁パルスからの神の守り」

2016年に、ドクター愛子がすでに電磁パルスの脅威について語っておられました。そして主はドクター愛子に、「神の守り」について教えてくださっていたのです。

【2021年10月28日放送 BS 日テレ「深層NEWS」より抜粋(最初の4分間は他番組からの抜粋の為、画像編集を加えています。)】

現在世界各地で勤務するアメリカの外交官らが原因不明の体調不良に陥る、いわゆる「ハバナ症候群」と呼ばれる問題が報告されており 2016年にキューバの首都ハバナ駐在の米外交官の間で初めて報告されたことから名付けられ、米メディアによると200人以上が被害を訴えているといいます。今月8日には被害者への財政支援を強化する法律が成立しました。 詳しい原因はまだ特定されていないものの、米科学アカデミーは、電磁波などの「高周波エネルギーによる可能性が最も高い」と、意図的な攻撃であることを示唆する報告書を発表しています。
【ナゾの健康被害】米外交官ら襲う原因不明の「ハバナ症候群」

ドクター愛子のティーチング


~ホーマン愛子~
数学博士、物理学博士、脳科学者。 ホルマン愛子博士は、ミズーリ大学で数学の博士号を取得し、「人工知能」と「人間の脳」を専門とする研究者となった。1960年代には、愛子の科学的な研究活動は、機関紙への掲載、NATOの会議への参加、海軍研究局主催の「記者会見」などで評価された。彼女の経歴はいくつかの “Who’s Who “に掲載されている。米国防総省で人工知能プロジェクトのプロジェクトリーダーを務めた最初の女性である。彼女の民間人としての地位はGS18であり、これは軍の将軍に相当する。つまり、彼女は民間の世界では将軍であり、霊の世界でも同じように将軍である。

Physicist, Mathematician and A.I. Scientist Through 60 years of Scientific Discovery, the path of Emotional and Physical Healing has been revealed to be in the Quantum Field. https://www.draikoofficial.com

ミニストリーを応援する!

翻訳はボランティアによって行われています。私たちの翻訳物で恵まれたという方は、ミニストリーに感謝献金を1口100円から贈ることができます。いつもサポートを心から感謝します!

¥100

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください